はじめまして、管理人のojeです。
仕事はフリーランスで広告データやWebサイトをデザインから制作するお仕事をしています。

今回プログラミングの学習をするにあたり、スクールに通うという選択肢を取りました。直接プログラミングにかかわる業務ではないですし、年齢的にもこれから覚えるにはやや不安であったりもしますが、やりたいことはやらなくちゃ!

自分のお客様にも柔軟な対応をするためにも、基礎からしっかりと取り組んでみようと思いました。

今回はそんな思いに至るまでの経緯などを書きました。

リナックスアカデミー新宿本校受講を決めるまで

広告データを制作するには、メインとしてAdobeソフトであるIllustratorやPhotoShopがメインとなります。また、Web制作においてもやはりAdobeのPhotoShopからDreamWeaverなどをメインに扱います。

<Illustrator>
ベジェ曲線というパスを使ったり、画質が劣化しないベクターデータを作成するソフト。イラスト制作だけでなく、多種多様な原稿・データを作成できる。

<PhotoShop>
画像加工ソフト。細かな表現を可能にする。フィルタも多数用意されており、ブラシ機能も充実。元画像を劣化させることなく加工することも出来る。

<DreamWeaver>
Web制作ソフト。htmlとcssの管理だけでなく、最近ではBootStrapのデザインや機能を簡単に組み込むことも出来る。複数のサイトを一元管理でき、多機能。

デザイン制作や、原稿のデータ化、画像の加工、記事の構成・編集、Webでは制作と更新業務が主な内容です。

つまり、私の得意とする分野は「デザイン分野」であり「フロントエンド」と呼ばれる内容が主なものとなります。となれば、無理してプログラミングの世界に足を突っ込まなくてもいいのでは?という気もします。

…でも。

データ作成はさておき、実際にはWeb制作となると「デザインとコーディングだけ」では賄いきれない内容が多々あります。

例えば…

  • メインのイメージをスライドで流してほしい
  • クリックすると横からメニューが出る仕掛けにしてほしい
  • ボタンが動くようにしてほしい

など、多くの場合部品や要素の動的な動きを求めらたりします。

そんなとき大変役に立つのはjQueryやJavaScrptのライブラリと呼ばれるものであったり、PHPといったプログラミング言語です。

これらは独学で学ぶことも十分に可能だという声をネットではよく耳にします。

「ネット検索すればほとんどの知識は拾える」とか、
「ネットの方が新鮮な情報を得られる」とか。

確かにそれも正解なのですが、ネットで検索する場合のデメリットもあります。

それは…

  • 情報が断片的に氾濫しているため収集しにくい
  • 段階的に効率的に学ぶことが難しい
  • そもそも検索するワードを知っていないと調べることもできない
  • 自ら情報収集と勉強の繰り返しのため、習得には多くの時間を要する
  • 書いてあることが自分のレベルでは理解できない…

などです。

独学でスキルを身に着けることは可能だけれども、習得できるだけの能力があっても、独学が向いている人とそうでない人もいます。

逆に言うと、スクールで学ぶことは「知っている部分」も重複することもあるでしょうし、ある程度クラスの人間と足並みを揃えることになりますので、そこにストレスを感じる人もいるでしょう。

先生との相性もあるでしょうし、一概にどの方法が一番とは言えない部分だと思います。

ただし、スクールで学ぶことの最大のメリットとして「目の前に答えてくれる人がいる」という状況は、絶大だと思います。

行き詰ったまま時間が過ぎることで学習進度もスローになりますが、疑問をその場で解消していくことはすっきりと気持ちよく学習できそうです。

独学でぶつかる見えない壁とは

私も覚えて守備範囲を広げるぞ!という気持ちでそれらの本を何冊も購入しました。そこで必要な基本構成や入門的な知識は得られます。

ただし、実際に「何が作れるのか」「どうやって生かしていくのか」というコアな部分が解決されないわけです。

なので、本を購入して少し知識が増えたけどどうやってその知識を使えばいいのかいまいちつかめず…という状況になっている方は多いのではないかと思います。

「別の本を買うべきだっただろうか」と思い直し、また購入しては不明点で行き詰まってしまい進まなくなり、中途半端に手を付けた本がどんどん増えてしまったり…(汗)これはプログラミングに限らず「独学あるある」のような気もしますが。

さて、先述したjQueryやJavaScrptのライブラリと言われるものは、一般的によく使われる「用途のふるまい」をブロック単位で書庫のように保管されているものを言います。(この説明が正しいかはわかりませんが、このように思っておいていいと思います。)

ライブラリは非常に便利で、プログラミングを一から書く必要はないため、独学で本を読んで「少しならわかる」という程度の人なら特別に苦労することなく使えると思います。

でもこれがちょっとした落とし穴なのですが、実際の仕事の現場の多くは、ライブラリのものを「そのまま使うことはあまりない」と思います。そのサイトに合わせたカスタマイズが必要になることが多い。

すると、一気にハードルが上がるわけです。

多少の知識があれば少し改変して動かすことも出来るといえばできますが、やり方が正しいのかどうかの判断に今一つ自信が持てなかったりします。

こんな風に、仕事の傍ら独学で勉強してきたものの「自分がどこまで理解できているのかもわからない」という状況は仕事的にもある意味綱渡り…。あまり良いことではないですよね~

そこで私は、こんな現状を打破するために、今回は思い切ってスクールで講座を受けてみることにしました!

専門スクールでゼロからしっかり学ぶことにした

受ける講座はJavaコースにしました。Javaはプログラミング言語の基本となるもので、このJavaを理解することは多言語に対する応用力も身に付きます。

Javaって聞いたことはあるけど、いったい何なの?という方のためにざっくり言うと

「世界でも高い人気のプログラミング言語で、さまざまなところで使用されている汎用性のある言語」

というもの。(本当にざっくりで失礼。)

実際には目に見えていないので気づきにくいのですが、私たちの生活にかなり密着したプログラミング言語です。

例えば楽天やアマゾンなどの巨大ショッピングシステムや、図書館や倉庫のデータベース、携帯電話で使われるアプリも「Javaアプリ」がたくさんあります。

例をあげるとキリがないくらい多種のシーンで使われているため、Javaをマスター出来れば、就職先も多種多様。いろいろな現場で活躍する場が広がると推定できます。

私自身はこれから再就職は考えておりませんが、今の仕事の守備範囲が大きく広がるのじゃないかと期待しています。でもすっごく難しかったらどうしよう…(汗)という不安も少しあります。

そこで、43歳(♀)のプログラミング初心者がどこまで理解し、仕事に役立てることができるのか、せっかくなのでレビューしていこうと思いこのサイトを開きました。

  • その年齢からプログラミングゼロから勉強して身につくの?
  • 実際プログラミングのスクールってどんな勉強をするの?
  • プログラミングスクールってすごく難しそう…。

という不安や疑問の解消にもなれば!と、思います。

プログラミングを始めようか迷っている方、興味がある方のお役に立てれば幸いでございます。

リナックスアカデミーをもっと詳しく見る